桜 と 葉 っ ぱ。 花の名前・了

    花の名前・了

    異世界恋物語シリーズ・113作目です。このシリーズを始めて、1年半ほどになります。

    このシリーズのブルーベルは、多くのお話では、虹戦後に真六弔花と暮らしていて、未来とは違って、おとな(と言っても虹戦の辺りでは白と桔は推定10代後半で、ザクロも上に見積もって20代前半だと思うんですが)たちに、盛大に可愛がられて育っています。
    ユニとも仲良しなので、ジッリョネロの人々にも可愛がられていると思います。

    でも、ブルーベルは成長するにつれて正チャンを選んで、最終的には、可愛がってくれた人々を振り返らない子です。

    そういうのって、あると思うんですよね。
    リアルでも、しっかり者だった第一子よりも、甘えん坊だった末っ子の方が、すぽーんとどっか遠くに飛び出して行ってしまう、みたいな。ただ前だけを見て、思い切りよく飛び去り巣立っていってしまう。

    これ、うんと甘えたから、なんですよね。

    甘えて、甘え切ったから、心残りがない。
    こどもらしい子ども時代をしっかり過ごして、大人になって、迷い無く旅立つ。
    或いは、飛び立つことで大人になる。

    「心残りが何もないから」その若さの勢いのままに、振り返らない。(縁を切るとかじゃなくて、フツーに長期休暇に帰省してきたりしますが)

    100編以上書いたこのシリーズの中で、多くのブルーベルがそういう子です。
    いっぱい愛されたから、ある時期が来ると、もう甘えなくてもいいと、自分で決心が付く。

    寂しくても寂しいとは言わない、或いは<寂しいかどうかも自分ではわからない>麻痺した心の正チャンを選んで、傍にいて、いつまでも付いていくことを事を選ぶ。

    原作のブルーベルは、悲劇の子だったので、藤花は二次的にそういう子は救済したくなります。だから、真六弔花の中の、天真爛漫な愛されっ子にしてあげました。
    そんなブルーベルだから、正チャンを救う子になれる。

    尤も、ブルーベルは、正チャンに何かしてあげたいとは思っていても、それは恋する乙女の標準仕様であって、「救う」だなんて、大それたことは思っていないのですが。
    でも、正チャンは、そういう愛されっ子で、だからしばしば我が侭で、でも無邪気で、おませで、一所懸命恋をする、「普通の女の子」のブルーベルが好きなんだろうなと思います。
    スポンサーサイト

    テーマ : 家庭教師ヒットマンREBORN!
    ジャンル : アニメ・コミック

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    藤 花(To-ka)

    Author:藤 花(To-ka)

    草 ヒバ 草とか、技術 畑、その他(復/活ジャンルで見境無く雑食)の小説書いてます。

    BL~にょた~NL、ギャグ~シリアス、純愛~R20まで幅広く。
    CPも幅広く。見境無く雑食。

    ハッピーエンド至上主義です。
    どんなに切で進行しても、ラスト1ページであっても覆す!

    誰も彼も末永く爆発して欲しい。
    恋も結婚も幸せだと、私が言い切ってあげよう既婚なだけに。


    → 桜/吹/雪に草/枕。(HOME)

    → コメントの返事が来ない!orそもそもコメントが送れない!場合

    → コメントの返事が来ない!!その2

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    すぴばる
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR