桜 と 葉 っ ぱ。 もうザンツナの投稿はやめよう…(pixiv)

    もうザンツナの投稿はやめよう…(pixiv)

    二次小説を書きたい人も読みたい人もたくさん集まっているpixivという場所ですが、5月からちょこちょこと、過去作品をピックアップして投稿していました。

    それで、当サイトに来て下さった方もいらっしゃったので、意味はあったと思っているのですが、そろそろやめようかなと……特にザンツナ。

    何かもう、ツナが出ているだけで、がーっと閲覧者が増える。
    これは、、当サイトを運営してきて、何年も前から感じていたことですけれども、ツナ人気というのは圧倒的で、藤花の文章の出来に関係無くアクセスが集まります。

    それでも、こちらは藤花の個人サイトですので、雑食を楽しんで下さる、或いはマイナーCPを楽しんで下さる懐の深いお嬢様、そしてありがたいことに「藤花の文章が好きなお嬢様」が遊びに来て下さる場所です。
    藤花にとってはありがたい、良き読者様が集まって下さっているのが、このサイトなんだなあと、つくづく思いました。

    pixivだと、まず復活が衰退ジャンルですから、それだけで読んで貰える可能性が低い。
    ただでさえ衰退しているので、CPやキャラがマイナーだと、それだけでスルーされてしまう。

    今までうpしてみて、一番甲斐がなかったのがスパ正ですね。
    評価やブクマがどうとか言う以前に、閲覧数が超少ないですもん。

    # プラスの見方をすれば、超少なくても読んで下さった方がいて、久々に技術畑に出会えたー!!と喜んで頂けたかも知れませんが

    ただ、藤花はあくまでも「親サイトからの抜粋」という形で、このサイトの紹介としてピックアップしていたので、当サイトにはあまり数が有るとは言えないザンツナでアクセスを集めるのは、何か虚偽広告みたいになってしまう。

    pixivで復活小説読んで貰いたかったら、元々の人気作家さんか、ツナを出しているか、ほかの人気ジャンルとクロスオーバーしてないとダメですね。
    藤花がpixivに参加してみた意義は、「確率としては」あまり意味のないものだったようです。(少数ながら新たな出会い&当サイトに来て下さった方がいたことには意味があったと思います)

    アクセス数も、pixivに投稿したばかりの頃は一時的に増えたのですが、その後逓減して元に戻ったかなという気がします。

    pixivは流行の人気ジャンルが、わーっと盛り上がる場所ですから、連載終了して3年以上経っている復活小説を投稿しても、こんなもんなのかなと思いました。
    こういう場所で、「藤花の文章を好きになってくれる人」を見つけるのは、砂金を探すような感じですね。

    逆に言えば、pixivから来て当サイトを気に入って下さったお嬢様は砂金です。

    いっそpixivに投稿した作品を全削してスッキリしようかと思ったんですけど、稀少な砂金のお嬢様がいらっしゃると思うと、なかなか躊躇うものです……

    藤花自身、このサイトのアクセス数がどんどん落ちてきて、何かもうやめようかなと思ったことは何度もあるんですけど、結局自分が書くのが好きなのと、減っていっても「残って下さっている方がいる」ので、休止せずに次の秋で6年、というところまで来たのだと思います。

    難しいなあ…
    pixivも、投稿休止の放置がいいのかな。
    このサイトを終えるときにも、削除はしないで休止のまま残しておこうと思っているので。
    スポンサーサイト

    テーマ : 家庭教師ヒットマンREBORN!
    ジャンル : アニメ・コミック

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    藤 花(To-ka)

    Author:藤 花(To-ka)

    草 ヒバ 草とか、技術 畑、その他(復l活ジャンルで見境無く雑食)の小説書いてます。

    BL~にょた~NL、ギャグ~シリアス、純愛~R20まで幅広く。
    CPも幅広く。見境無く雑食。

    ハッピーエンド至上主義です。
    どんなに切で進行しても、ラスト1ページであっても覆す!

    誰も彼も末永く爆発して欲しい。
    恋も結婚も幸せだと、私が言い切ってあげよう既婚なだけに。


    → 桜l吹l雪に草l枕。(HOME)

    → コメントの返事が来ない!orそもそもコメントが送れない!場合

    → コメントの返事が来ない!!その2

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    すぴばる
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR