桜 と 葉 っ ぱ。 暗殺教室・完結

    暗殺教室・完結

    「打ち切りじゃないきれいな終わり方」でした。
    ジャンプではなかなか無い円満終了です。

    こういう終わり方は、バクマンとかSKET DANCE辺りからでしょうか。
    以前のジャンプだと、人気漫画は(集@社の意向で)なかなか終わらせて貰えなくて、ズルズル引き延ばしになり、結局人気が落ちてから打ち切り、というパターンに追い込まれたものですが。

    「ネウロの松井優征」さんを期待した人には、拍子抜けだったかもしれません。とにかく人が死なない。
    取り返しがつかないもの、というものが描かれなかった。(あぐりさんは、あんな形でも幸せだったと思います)

    初期のワンピースがリアルタイムでは死者を出さなかった(回想ではある)みたいな感じでしょうか。(ワンピの尾田先生は、「死ぬと宴が出来ないから」という理由だったそうですが)

    そして、殺せんせー&渚きゅんサイドの人間では、挫折者がひとりもいない。
    みんな活躍してる。めでたしめでたし、きれいだけど「子ども向け」のエンドでした。

    実際、松井先生は、暗殺教室は「少年向け」であることを意識して書いた作品のようです。
    おとなを大いに巻き込みまくったネウロとは、全く意図が違ったのだと思います。

    でも、終わり良しでであっても、途中経過で人間や人生というものの理不尽、悲惨、狂気、憎悪、とういうものを深くえぐるやり方、視点は、松井先生らしかったと思います。

    そして。感想の〆としてはなんですが。

    かやのちゃん妊娠してるかと思ったの私だけですか。
    スポンサーサイト

    テーマ : 週刊少年ジャンプ全般
    ジャンル : アニメ・コミック

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    藤 花(To-ka)

    Author:藤 花(To-ka)

    草 ヒバ 草とか、技術 畑、その他(復/活ジャンルで見境無く雑食)の小説書いてます。

    BL~にょた~NL、ギャグ~シリアス、純愛~R20まで幅広く。
    CPも幅広く。見境無く雑食。

    ハッピーエンド至上主義です。
    どんなに切で進行しても、ラスト1ページであっても覆す!

    誰も彼も末永く爆発して欲しい。
    恋も結婚も幸せだと、私が言い切ってあげよう既婚なだけに。


    → 桜/吹/雪に草/枕。(HOME)

    → コメントの返事が来ない!orそもそもコメントが送れない!場合

    → コメントの返事が来ない!!その2

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    すぴばる
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR