桜 と 葉 っ ぱ。 無断リンク禁止、ってフルボッコされる。

    無断リンク禁止、ってフルボッコされる。

    気になったのでぐぐって調べてみたんですが、
    「無断リンク禁止」をしたいサイトの味方をしてる記事って、殆ど見当たりません。

    私は、後に述べる通りに、「細々管理人がひとりで運営してるサイトくらいは、無断リンク禁止の味方をしてあげたい」賛成派なんですが。

    とにかく、検索してみればすぐに分かることですが、無断リンク禁止、トップページにリンクして下さい、という文言は、フルボッコされてます。理路整然と禁止反対論を述べているページもあるんですが、ボロクソに罵っているページやコメントが殆どです。

    味方(?)は、かなり前のブログ記事しか見つけられませんでした。

    そのくらい、ネットの世界では「無断リンク禁止」を主張するのは勝手だけれども、それは無視して一向に構わないものであり、管理人がトップページへのリンクを望んでいてもどのページにリンクしようが自由だ、という意見ばかり引っかかります。

    これ、サイト一般で考えるとややこしくなるので、ちょっと分けますね。
    私も、例えば企業、お役所、公共施設、辺りのページの場合、規模が大きいし元々公共性も高く、ホムペを作る事自体が、大々的に世界に発信してます!!というポーズに、結果的になっちゃってるので、訪れた人もリンク張りたい人も、「…じゃーどーしてホムペつくったの???」と思ってしまう。
    こっちは、リンクフリーで仕方がないでしょう。でっかいだけに。「情報」を得たい人間があまりにも多い。

    対して、「ちっちゃいサイト」を考えてみます。具体的には「創作サイト」ですね。
    プロや有名人のブログやエッセイじゃなくて、オリジナルでも虹創作でも、「個人で細々と(世間的には細々レベルです)やってるサイト」まで、

    無断リンク禁止とかバカじゃねーの氏ね。

    ……とまで言われなきゃならないほどのものなんだろうか。

    あと、よく言われるのが「リンクする自由」ということばです。

    藤花はご一報下さいと書いてるんですが、そのご一報がないまま、その人が自分のサイトからリンク貼っちゃったり個人的なコレクションページを作る「自由」ということです。

    ある場所で見つけたんですが、
    「ブクマから行こうとしたら拒否られた」(多分リファラ拒否されたものと思われます)

    で、そのお嬢さんが言うには、
    「そのサイトの管理人さんは無断リンクでイヤな思いをしたんだろうけど、私だってリンクを止められてイヤな思いをしたんだからね?」

    ……はい?
    それって、同等の「イヤな思い」なんですか。

    そのお嬢さんが得ていた恩恵は、向こうのサイトの管理人さんの努力の賜です。
    対して、そのお嬢さんは「自分が便利だから勝手にブクマしてた」だけです。

    管理人さんの「イヤな思い」と、そのお嬢さんの「不便になった(&拒否されて傷付いた?)」というのは、同等の苦痛なんでしょうか?

    そのお嬢さんのことばは、今まで楽しませて頂きありがとうございました、もう二度と行きません、というような、皮肉と逆ギレで締めくくられます。

    ……何で、こんなんなっちゃったんだろうか。

    あと、見かけたのが、「選ぶのは作り手じゃない、読み手である」ということばです。

    ネット公開されている=誰が見ても何をしてもいい、ということだから作り手はとやかく言うな、としか読めないんですが。

    そんなにも、「作り手」は、自己防衛の権利を放棄して、身を低くしていなければ許されないんだろうか?

    藤花みたいに、「ランク&サーチに登録しまくってるのに、リンクにはご一報下さいとか、それ何?」と思われる方もいらっしゃるでしょうが、私はランク&サーチには絶対にトップページで登録しているんですし、自分のサイトの紹介をしています。

    ナノには検索避け機能があるので、復活萌えしたいお嬢さんにむかって声を上げるなら、ランクさんやサーチさんは不可欠で、そこからいらっしゃるのが「比較的安全な」ルートと思っているからです。

    ハッキリ言って、藤花がやりたいのは、自分の萌えを文章にして、藤花の小説を好きになって下さった方々と、お花畑な感じに馴れ合ってモエモエすることです。
    そういう、かなりささやかなことです。

    「無断リンク禁止?バカじゃねーの」という人にとっては、個人HPを細々やってる人の気持ち<<<<<ネットは自由だろ、という主張なんですね。

    でも、個人HPを運営して、一所懸命文章書いたり、絵やマンガを書いたりしている人達にとっては、HPは自分が苦労して作り上げたお城なんです。
    そして、結構脆いお城です。例えば荒らされたら傷付いて永久休止や閉鎖に追い込まれてしまう程度に脆くて、でも「自分が築いた大切なお城で大切に花を植えてきたお庭」なんです。

    これがわかんないから、管理人さんが望んでいないことを、「そんなの私の自由でしょ」と、やってしまう。

    大切なお庭から、お花を引っこ抜くように、トップでも痛手なのにディープリンクして藤花みたいに小説の1ページ目に直接リンクしてコレクションすることができる。

    管理人にとっては、お城でお庭。
    訪問者にとっては、文章や絵の羅列。(にしか見えない人もいる)

    この心の落差が、個人経営のページでのリンク問題になるのだと思います。

    私は創作歴が、インターバルを含めると十数年ですので、完全に作り手の心情の味方です。

    だって、これだけ「ネットの自由」が叫ばれて、ささやかに身を守ろうとすることまでボロクソ言われる今の時代って、弱者に対してあまりにも残酷じゃないのか。

    創作者の真心は、作品に対する愛情は、ネットの自由という強大な力に踏みにじられるしかないんだろうか。

    幸いにして、藤花はこのサイトでこれといって大きな被害は受けていません。ありがたいことです。
    仮に叩かれたら、このブログを閉鎖して、Topのweb拍手を削除します。

    「リンクする自由」は、個人の創作サイトには行使しないで欲しいです。
    そんなに自分に「便利」にしたかったら、そのサイトさんが登録してるランキングあたりをお気に入りにブクマすればいいと思います。

    理由は、そのランキングさんは、「管理人さんが望んで公開している場所」だからです。

    創作系サイトには、無断リンク禁止と記載しているサイトさんが相当数あると思います。
    なのに、ぐぐってもぐぐっても、味方がいない。

    だったら、こんな辺境に、味方する記事がひとつくらいあったっていいんじゃないか。

    私は、「無断リンク禁止」を法で保証しろとか、そんなダイナミックなことは望んでません。

    ただ、懸命にひとりでサイト運営をしている管理人さんの、心を大切にしてあげて欲しい、と思うのです。
    スポンサーサイト

    テーマ : 家庭教師ヒットマンREBORN!
    ジャンル : アニメ・コミック

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    藤 花(To-ka)

    Author:藤 花(To-ka)

    草 ヒバ 草とか、技術 畑、その他(復l活ジャンルで見境無く雑食)の小説書いてます。

    BL~にょた~NL、ギャグ~シリアス、純愛~R20まで幅広く。
    CPも幅広く。見境無く雑食。

    ハッピーエンド至上主義です。
    どんなに切で進行しても、ラスト1ページであっても覆す!

    誰も彼も末永く爆発して欲しい。
    恋も結婚も幸せだと、私が言い切ってあげよう既婚なだけに。


    → 桜l吹l雪に草l枕。(HOME)

    → コメントの返事が来ない!orそもそもコメントが送れない!場合

    → コメントの返事が来ない!!その2

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    すぴばる
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR