桜 と 葉 っ ぱ。 2度目の10年

    2度目の10年

    実は、ひとつの図書室は、ほぼ100ページです。
    草ヒバ「命令」で99ページなので、次の図書室68に行っちゃおうかなと思ったんですが、ページ数オーバーは許容できても、なんだか99ページは微妙に敗北気分。

    なので、何か短い話……と思っていたら、白正のエピソードが浮かんだので書いてみました。
    これは1ページのショートストーリーなので、図書室67は、めでたく100ページぴったりで〆です。

    で、BL白正って、久しぶりな気がします。白正要素があっても、正チャンはとても悲しい思いをしていて、結局カコイイスパナ落ちだったりしたので。

    そして、図書室67は、とても時間がかかりました。
    長い話がなかなか思い付かなくて、短編が多くなってしまい、28編もの小説が収録されることになってしまったんです。
    これ、ひとつの図書室のお話の数としては、多分最多だと思います。

    ところで、なかなか書けなかったBL白正。

    思い付かなかったというか、最近未来編を読み返しながら色んな話を書いてきたので、読めば読むほど白蘭の酷い奴っぷりに頭が来てしまい、白蘭氏ねよとすら思ってしまって、
    「正チャンを愛する白蘭」というのが、γ酢♀よりもでっち上げ感を感じてしまって、「書きたくない」モードだったのです。

    原作の白って、それはそれは正チャンを粗末に扱い、白の指示か桔梗の趣味かわかりませんが、一発で仕留めずにじわじわ殺すつもりだった辺りとか、チョイスの再戦約束を、絶対覚えているのに反故にして、正チャンの友情を踏みにじるとか、虹編に出て来たら、ヘラヘラ誠意の欠片も無い笑いとか、正チャンを拉致って来た癖に放置とか、ユニたんにいちゃいちゃでγ自殺未遂とか、バトルパートナーはツナたんで、ほかはどーでもいい態度とか、とにかくもう全てが

    許せないぃぃぃ!!!

    ……と思ってしまって。
    こんな悪の権化(未来)or軽薄な愉快犯(虹編)の白と、正チャンが心を通わせて幸せになる構図に有り得ない感を覚えてしまっていたのです。

    でも、99ページ書いて、あと1ページ埋めようと思った時に、10年かけてやり直した白正、というのをやっと思い付いて。

    こんな風に正チャンが報われたらいいなあ、というお話です。
    そして、自分本位の幸福なんて幸福じゃない、というのが藤花の思考回路なので、幸せになるならふたりで、と。

    原作は、駆け足で終わってしまったので、色々描かれなかったことがあって、その中に白と正の友情があったらいいなあと(藤花の小説は、名前を付けられない気持ち、という風になりましたが)思って書いたのが本作です。

    こんな10年後を迎える世界があってもいい。こんな幸せが有ってもいい。
    そう願いながら書いたお話でした。
    スポンサーサイト

    テーマ : 家庭教師ヒットマンREBORN!
    ジャンル : アニメ・コミック

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    藤 花(To-ka)

    Author:藤 花(To-ka)

    草 ヒバ 草とか、技術 畑、その他(復/活ジャンルで見境無く雑食)の小説書いてます。

    BL~にょた~NL、ギャグ~シリアス、純愛~R20まで幅広く。
    CPも幅広く。見境無く雑食。

    ハッピーエンド至上主義です。
    どんなに切で進行しても、ラスト1ページであっても覆す!

    誰も彼も末永く爆発して欲しい。
    恋も結婚も幸せだと、私が言い切ってあげよう既婚なだけに。


    → 桜/吹/雪に草/枕。(HOME)

    → コメントの返事が来ない!orそもそもコメントが送れない!場合

    → コメントの返事が来ない!!その2

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    すぴばる
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR