桜 と 葉 っ ぱ。 にょた

    正チャン♀のお相手

    アクセスを見る限り、正チャン♀とCPして人気なのは、

    幻正♀>白正♀>>スパ正♀、です。

    巷の王道では白正だと思うので、幻正♀という超マイナーがトップに来る辺りが、ああうちのサイトなんだなあと思います。

    そして、私は白正も好きなんですけど、技術畑が好きで風紀カプに続いて書くようになったので、大差を付けてカウントが下に来る、というのは微妙に凹みます。

    で、凹んでいても仕方がないので、今回は騎士×姫 の番外行きます。
    スポンサーサイト

    テーマ : 家庭教師ヒットマンREBORN!
    ジャンル : アニメ・コミック

    ざんつな orz

    ザンツナ♀って、時々しか降臨しないんですけど、書くと圧倒的なアクセス数になります。結構落ち込みます。

    いえ、ザン君すきなんですけど。ツナ子も好きなんですけど。だから、当然に読んで貰えないよりも読んで頂けた方がいいのですし、書き始めたからには、ゆっくりでも何でも更新して、ちゃんとハッピーエンドさせるんですけど。

    ほかの作品が、可哀想な感じに読んで貰えなくても、それでもザンツナ♀ってこのCPなだけで読者さんが増える。

    これって、完全にCP効果であって、藤花の文章そのものの価値とは無関係なんだなあと、いつも思い知らされるので……

    テーマ : 家庭教師ヒットマンREBORN!
    ジャンル : アニメ・コミック

    だいだい1日で…

    今回のザンツナ♀、ラストページのカウントが1日で約60。
    他の小説は2~30カウントですから、2倍3倍です。

    微妙…

    人気作品が出るのは嬉しいのですけれども、当サイトは決してザンツナ♀が多いサイトではないので……

    ごった煮サイトではありますが、一応メインというものはあって、最近は書けてないけど総数としては圧倒的な風紀、そして愛されっ子正チャン(♂でも♀でもいい)でしょうか。
    メインを顧みられないのは、お話をチョイスするのは読者様だと分かっていても寂しいものがあります。

    そして、ザンツナ♀、或いはザンツナ♀を含お話は、怖いくらいカウントが多いです。

    怖いくらい、というか正直怖いです。ザンツナ書く度にいつも思います。
    理由がよく分からないのと、それ故のプレッシャー。

    ホワイトデーリクで短いの書く予定は有るんですけど、これもそうなるのかなあ…

    テーマ : 家庭教師ヒットマンREBORN!
    ジャンル : アニメ・コミック

    ざ ん つ な ♀

    毎回、書く度にパネェと思うのは、ザンツナ♀のアクセス数です。
    これ、そのほかの平均的な作品よりも、1.5倍~2倍のアクセスがあるんです。

    で、ざんつな好きな人が、どっかから定期的にチェックしにいらっしゃるのかなあと思っていたのですが、今気付きました。多分、そうではないことに。

    藤花のサイトは、PCが雑多です。
    そして、何度も同じ作品を読み直して下さるリピーターが多いというのもアクセス解析を見れば分かります。

    あと、人気が無い作品、というのも藤花としては残念ですが存在します。

    ですから、お客様の多くが、数多くの作品の中から(本当、多いよな…)チョイスして読んでいるということになります。
    寧ろ、全読破していらっしゃるお嬢様がいらっしゃったら神と思います。

    # 今までその女神は自己申告で数人いらっしゃいました

    でも、ザンツナ♀に関しては、高確率でお嬢様がチョイスしているのではないでしょうか。だから、アクセス数が多くなる。

    今回も、多いです。
    プレッシャーです。

    何で、ザンツナ多いんだろうか?
    このCPって、割と王道なんでしょーか??

    よそでザンスクはみたことあるんですけど。
    ってゆーか、ツナは主人公だけに、誰とも絡みがあるせいか、よそさまでも色んなキャラとCPって、されてる気がするのです。

    要するに、人気投票でそうなる程度に、順当にツナって人気???
    男の子票が多いキャラだと思っていたんですが、女の子にも人気のある主人公だったのでしょうか…

    藤花は、主人公には惚れないことが多い(黒髪に弱い・クールキャラに弱い・安定した強さを誇るキャラに弱い・メガネに弱い、知性派に弱い、…の2つ以上を満たすキャラに愛)ので、特に贔屓キャラではないのですけども、藤花の趣味が斜めだという自覚はあります。

    今回のザンツナ♀は、コミカルな感じではなく、シリアスで痛い感じの話なので、ハッピーエンド至上主義の藤花としては、今はしんどいです。
    早く幸せにしたいです。

    テーマ : 家庭教師ヒットマンREBORN!
    ジャンル : アニメ・コミック

    ヒロイン正一

    今、騎士×姫で幻正♀、切甘で白正♀、甘甘でスパ正♀、と3通りの連載が並行しています。

    ヒロイン正一が無双すぎる。

    テーマ : 家庭教師ヒットマンREBORN!
    ジャンル : アニメ・コミック

    例外が例外じゃなくなった。

    幻正♀と風雲♀って、始めたときには「この作品限定CPで、今後定番化の予定は有りません」

    ……とか、書いてたんですよ。
    少なくとも、幻白♀は2013/11時点では、そういうあとがきを残しているのです。(鈴蘭異聞だったかな?)

    でも、1年経たないうちに、しっかり長期連載・騎士×姫で幻正♀。
    藤花が若かった頃(今何歳とか聞かないで下さい)は無かった言い回しなんですけど、「天井と床でもくっつける」とか言うそうですねー。

    幻と正は、そんな感じです。同じコマに入っているのって、長い未来編の中でも1コマしかない。
    でも、そんときシチュが、幻が正チャンを守る感じに「入江殿にはむかう輩は全て斬って捨てましょう」だったもんで、藤花脳内では天井と床がアリになってしまったのであります。
    で、実際に書いてみたら、すっごくお似合いだったという。

    騎士×姫シリーズ、17章・後編があとちょっとで了です。


    そして、風雲♀。
    風がにょたになれば、逆で雲風♀でもいいんですが。

    どちらにしろ、これもやはり書いたときには「例外CPで定番化の予定は有りません」って、同じ事言ってるんです。
    でも、今は普通に風雲はアリだということになってるという……

    風が強いので、雲が男の子でもにょたでも、かわゆい感じになりやすいのです。
    また作品数は少ないですが、風♀の場合は、雲が風♀に甘えるんだけど、愛し守る、という関係になります。

    書いてみたときには、もうこのCP二度と書けないんだろうなあと本気で思ったのに、時間が経ったら書けてる。それはそれで、幸せなことだなあと思います。

    藤花のサイトはハッピーエンド至上主義の恋物語サイトですので、どんな組み合わせであれ、幸せになっちゃえばそれでいいのです。

    テーマ : 家庭教師ヒットマンREBORN!
    ジャンル : アニメ・コミック

    「花びら」と「ふたりぼっち」

    ヒロイン正♀が無双してる。

    テーマ : 家庭教師ヒットマンREBORN!
    ジャンル : アニメ・コミック

    雲♀・白♀

    手こずりまくった「恋華」(草ヒバ)が完結して、放心してもうしばらく何も書けないんじゃないか、とか思っていたんですが、どうにか風雲♀と正白♀をあげることが出来ました。

    否、どうにか、の方は風雲♀ですね。
    たかが2ページなので、何でこんなに手こずるんだとか思いながら書いていました。

    何でって、考えてみたら恭さんが頑なすぎる。

    うちの雲♀は、哲を相手にする時以上に、風を相手にするとツンツンしまくってしまくって、なかなかデレないと言うことが書いていてよく分かりました。orz

    哲でしたら、昔のコミックカレンダーやら、未来編やら、継承編(シモンファミリーが出てくる奴)で哲がヘリを操縦して恭さんを送っていったやらで(何この掟破りの素敵中学生)、群れない恭さんが異例に傍に置いているキャラなんだなあということが、出番が少ないなりによく分かるんです。

    でも、風と雲は、その辺りがハッキリしない。
    虹編で代理人になる程度に、そして顔が瓜二つな程度に、何らかの繋がりはあるんですけれども。

    そして、恭さんのピンチに風が勝手に呪解しちゃったり、ザンザスは強いって助言(要するに恭さんでは勝てないと)して恭さんを返って不機嫌にさせちゃったり、色々外してはいるものの、とりあえず風→雲に持って行ける要素はあるんです。
    でも、風←雲、なのかどーか、ハッキリしない!

    あと、恭さんはバトルに対してすごくプライドが高いので、自分よりも明らかに強い風に対して、素直になれる要素がないんですね。内心では風←雲であったとしても、絶対に草ヒバよりもツン度が高くならざるを得ないと思います。

    で、もうツンツンツンなので、たかが2ページなのに苦労しまくってうpしたのが「初恋」。
    風は風で、雲♀のツンをさほど苦にはしていないのですけれども、「どうも私は恭弥を怒らせてばかりのようです」とか、天然で鈍いことを考えて遠慮がちになる。……ので、なかなか進まない!!

    でも、雲♀がちょっとでも素直で可愛い一面(何も言えなくても涙ポロリとか)を見せると、一気に問題解決して、何だかんだと大人テイスト風師匠がリードしてくれます。

    結局可愛いは正義・雲♀。


    そして、うちのサイトではかなり可愛くなっちゃうのが、にょ白です。

    こっちはこっちで、にょ雲と別の意味で、なかなかに頑なです。
    ジョークを装って純情少年正チャン迫ってドッキドキにさせる癖に、尻尾は掴ませない小悪魔系。

    本人も話の中で言ってるんですけど、白♀は必死になってなりふり構わず告るとかいうのが、非常に「らしくない」キャラです。
    口説くんだったら、にょたじゃなくて普通に左側のイケメン白蘭がいい。

    正白でも幻白でも、右側白は言わせる専だと思います。
    というか、そうじゃないと幸せになれない、本気の恋については案外不器用なのが、うちに棲息するにょ白。

    だから、正チャンに死ぬ気で頑張って貰わないと!です。

    図書室42「Guitar and Songs」では、<言えない者同士>の正チャンとびゃっくん♀は擦れ違ったまま悲恋になってしまったのですけれども、

    「もし、正チャンが勇気を出していたら?」

    というのを書いてみました。
    っていうか、久々に降臨しました。数時間で一気に5ページとか。

    まさに、女神降臨。

    「Guitar and Songs」は、これはこれで完結していて、正スパ♀で幸せな新しい未来をふたりで作っていって欲しいし、それを覆すつもりは全く無いです。

    単に、6年間ずっと正チャンからの愛の言葉を待ち続けていた、いじらしくって可愛いにょ白が報われるストーリーが有ってもいいんじゃないかと思って、「8兆分の1の女神」を執筆しました。

    正チャンを選んだにょ白は、女神になる事も、当然にトゥリニセッテをコンプリートするゲームからも下りて、市井で正チャンと生きていくと思います。

    折角虹だから、こういう話が有ってもいい。

    テーマ : 家庭教師ヒットマンREBORN!
    ジャンル : アニメ・コミック

    「秘密」ザンツナ完結

    「秘密」ザンツナ、やっと完結致しました。
    やっと(再び大文字にしたくなる感じ)だよ!もう。

    多分この連載って、ブログの記述を遡る限り、何日から始めたのかイマイチ不明だったりするんですが、多分8月下旬辺りにはもう始まっているんです。

    本日、10/19sat.な訳で、つまり
    全31ページを2ヶ月かかって連載してたんです。

    えろは多いわ、少々痛い感じに切なすぎる感じに進行するわで、書き始めたものの藤花にはとても難度の高い作品でした。

    なので、結構途中で色んな連載を挟んでいるんですね。
    図書室40に、「移り香」という風愛され大長編があるんですが、コレって8/17付のあとがき文が残っています。

    藤花の記憶では、「移り香」よりも「秘密」を先に始めたような、そんな気がするんですよね……
    つまり、「移り香」(全5章)とか「光の記憶」(スパ正♀遊郭パロ・全4章)とか、大作が入る度に、中断しまくっていたということいなります。

    初めは草ヒバ♀「暑いの。」(図書室41の一番はじめに収録)と同じくらい手こずってて、でも「暑いの。」は全6ページでしたから、何だかもう秋の気配を感じる時期にどうにか終われた覚えが有ります。

    「暑いの。」と「秘密」と、どっちが始めたの先だったっけ???……っていうくらい、どちらも連載開始は真夏なんですよね多分(汗)

    「秘密」も、全10ページ(連載中書庫の構造の都合上、10ページ単位が綺麗に収まりやすい)に収まるつもりで書き始めたんですけど、書き進める度に、「あ、コレもっと長引くわ」とか思って、とうとう30ページまで微妙にオーバーして、全31ページで、漸く終われました。

    つか、これでも藤花なりに、削れるものは削り落としてこんな感じでした。

    簡潔な話を書きたい、とか最近書いたばかりですが、簡潔に書けるテーマを、サイト開設3年、蔵書量は図書室41という膨大な数を書いてきた、ということは、もうある程度書き尽くしてきたから書きにくい……のかもしれません。

    このCPはこんなカラーだ、というのが、書き手さんごとにイメージがあって、藤花もまたそうです。そのイメージの範囲内で書く訳ですから、数をこなしてくると、何度も似たようなテーマで味付けを変えた作品を出す、ということになってきます。
    だから、過去作品とかぶらないようにする為に、色々細工を試みると、話はシンプルとは遠くなり、複雑化すればストーリーは長編化しやすくなる、という事なのだと思います。

    書き手としては、連載が終わってしまっても、アイデアという無形のものは無限にあると信じていたいのですけどね。
    それに、もう書き尽くしたと自分で実感してしまうようなら、そこでこのサイトも無期休止するしかありませんから。

    いつ終わるんだ…!ひょっとしたら、藤花のサイト初の未完作品になってしまうんじゃないか、と何度も思った「秘密」ですが、どうにか幸せに完結出来ました。

    番外編的な、ツナたんがボスにヴァリアーアジトに華麗にお持ち帰りされた後の小話とか、ぼや~んとですがアイデアはあったりするので、いつか書きたいなあとか思います。

    あと、夏祭りのお話なのに、リク作品なので季節ガン無視の「浴衣でデート」(スパ正♀)、金木犀の季節おわっちゃったじゃん!(この辺ではとっくに。南の方ではまだ咲いてるかも)…な「袷」(草ヒバ)の連載を……頑張れないので、これもぼちぼち行きます。

    「秘密」のラスト何ページかだけは、終わりがやっと見えてきたので異例に頑張って書きましたが、今後はまた、体調次第のゆっくりペースに戻らせて頂きます。

    常連さんおふたりだけお祝いしてくれた3周年記念やりたかったなーとか、来月は哲の誕生日だから、らぶらぶな草ヒバ♀辺り書きたいな~とか思いつつ、これも出来る範囲内で。

    リボーンの連載が終わって、多分来月で1年ですけど、まだお付き合い下さる読者のお嬢様、時々遊びに来て下さいね。
    ちょこちょこと、書き足されていると思います。

    テーマ : 家庭教師ヒットマンREBORN!
    ジャンル : アニメ・コミック

    正スパ♀が難産だった件。

    書き出しはどうということもなかったのに、とにかく難産だった「Say I love you」

    # 書庫には但し書きしましたが、文法的には「好きと言って」なら「Say "I love you"」もしくは「Say you love me」が正しいです。

    # タイトルとしては、何かノリで「Say I love you」が一番綺麗なような気がしたのでそのままノリで通しました

    何か、このお話って、4~5ページの軽いお話のつもりだったんです。
    にょスパが正チャンに猪突猛進的にらぶらぶで、正チャンの全てが大好きで、だから正直に「ちっちゃくて可愛い(でも当然にウチは正一が大好きだ)」と言っちゃって、正チャンはにょスパに一目惚れしていたのにハートブレイク。

    でも、1年後に再会して、つれない正チャンにスパナがしょんぼりしてしまって、慌てた正チャンが「僕だって好きだよばか!!」とか叫んでハッピーエンドする、んじゃないかと思っていたんですけど。

    何だか、正チャンのハートブレイクがハンパない感じになってしまって、だから予想外に話もこじれてしまって、スパナは思いきり傷付いちゃって、だからもう、書いているうちに正チャンが死ぬ気の勇気を出してベッドインするしかなくなってしまった、という……

    話の長さも、倍になりました。全10ページ。

    ラストなんて、ベッドインだけじゃ済まないことになってるし。いや、絶対ふたりとも、幸せなんですけど。

    正チャンは多分、正チャンのお父さんから1発くらい殴られたんじゃないかと思いますが。
    でも、そこは正チャンが頑張って、スパナを日本に呼び寄せることが出来るように、一所懸命頼んだと思います。

    テーマ : 家庭教師ヒットマンREBORN!
    ジャンル : アニメ・コミック

    プロフィール

    藤 花(To-ka)

    Author:藤 花(To-ka)

    草 ヒバ 草とか、技術 畑、その他(復l活ジャンルで見境無く雑食)の小説書いてます。

    BL~にょた~NL、ギャグ~シリアス、純愛~R20まで幅広く。
    CPも幅広く。見境無く雑食。

    ハッピーエンド至上主義です。
    どんなに切で進行しても、ラスト1ページであっても覆す!

    誰も彼も末永く爆発して欲しい。
    恋も結婚も幸せだと、私が言い切ってあげよう既婚なだけに。


    → 桜l吹l雪に草l枕。(HOME)

    → コメントの返事が来ない!orそもそもコメントが送れない!場合

    → コメントの返事が来ない!!その2

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    すぴばる
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR